2011年1月25日 (火)

叱咤の詩

とてもいい詩が知り合いのブログに載っていたので・・・

掲載させて頂きました(勝手にごめんなさい)。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

----「自分の感受性くらい」--- 茨木のり子


ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

11012409p1070133

誰でも、次々に大変な事が重なり、あまりに疲れて、思うようにならないで

何で自分だけ・・・って、ゆとりがなくなって心がすさんで来るときってありますよね。

茨木さんも。。。これを載せたブログの方も。。。そういう自分の気持ちと

戦っていた(いる)のですね。見た目ではわからなくても、みんないろいろあって

自分を叱咤激励しながらがんばっているのでしょうね。

お体大切に、時々夜空や青空を仰いで音楽で心をほぐして、たまには誰かに

グチりながら乗り切っていただきたいです。

なにも出来ないけど・・・応援しています、祈っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)